病院の専門的な治療で痩せる!|失敗しないダイエット法

病院

自分の細胞の力

お花

免疫力

NK細胞療法とは活性化リンパ球免疫療法ともいいます。NK細胞療法はがん治療の一種として、がんと称されるすべての部位が治療対象です。NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略で、この細胞の特徴は体内を自由に移動して、発がん物質を見つけると即座に攻撃する殺傷能力を持っています。NK細胞療法としていわば免疫の働きがあり、この細胞の力が弱いとがんになる確率が増加します。NK細胞を活性化させるには、ストレスをためない、規則正しい生活を送る、そして適度な運動が効果的です。ジョギングなど激しい運動は逆効果です。従来のがん治療では、抗がん剤による化学療法、放射線、外科手術が多く使われています。ですがどんなに高額ながん治療でも私たちの体に宿る、免疫という働きがなければ十分な効果をあげられないのです。標準治療に加えNK細胞療法の相乗効果で治療の効果を最大に引き出すことが可能です。

副作用のない免疫療法

がんをふせぐには、体内の免疫システムのバランスを維持しておくことが大切です。NK細胞療法は増殖するがんを追いかけて攻撃します。がん治療では体内に存在する免疫細胞の力を利用するのですが、がん細胞にとってNK細胞療法は邪魔で厄介な存在です。なのでがん細胞は免疫細胞を抑制して隠れながら増殖を繰り返していきます。そこで開発されたのが体外で免疫を作り再び体内に送り込むNK細胞療法なのです。NK細胞療法は強い攻撃力があり感染症にも効果がありますが、培養が難しいのが難点です。日本では活性が高い状態のままで少ない血液からNK細胞を増殖させることに成功しました。国内で実施された免疫療法ではほとんど副反応なしです。このNK細胞療法がよりたくさんの患者を救うことが期待されています。

Copyright© 2016 病院の専門的な治療で痩せる!|失敗しないダイエット法All Rights Reserved.