病院の専門的な治療で痩せる!|失敗しないダイエット法

病院

がん治療と感染症

Hospital

感染症治療のコンセプト

がんの治療においては身体の中にいる全てのがん細胞を除去するということが大切になります。その点ではウイルスなどへの感染症と同じ面があり、もしがん細胞が残っていると、それが増殖して再発してしまうリスクがあるのです。がんは一つの組織で始まっても転移するリスクがあることから、全身にがん細胞が広がっている可能性を考えなければなりません。その考え方のもとに役立つのが樹状細胞療法です。身体の隅々で働くことができる免疫系の細胞を使用することによって、がん細胞をウイルスのように外敵をみなさせて攻撃すれば身体の中にある全てのがん細胞を除去することができます。それを実現することができる免疫療法として名を馳せているのが樹状細胞療法であり、うまくいけばがんを完治させられることがメリットです。

抗がん剤治療との違い

抗がん剤による治療も全身を攻撃できるという点から同じように思えるかもしれません。しかし、樹状細胞療法ではがん細胞と正常細胞をより正確に区別することができるというところに違いがあると知っておくと良いでしょう。樹状細胞は免疫系において抗原提示の役割を果たし、それによって抗原抗体反応を用いてがんを攻撃させるのが樹状細胞療法です。抗原抗体反応は特異性の高さが大きなメリットであり、抗原としてがん細胞の一部を利用することによって、比較的簡単にがん細胞と正常細胞を免疫系に区別させることができます。抗がん剤に比べて正確に区別ができることで、正常細胞を攻撃してしまうことによる副作用が生じにくいというメリットが必然的に生まれるのです。

Copyright© 2016 病院の専門的な治療で痩せる!|失敗しないダイエット法All Rights Reserved.